Pale Moon 『石像はささやく』

『石像はささやく』


声を発するという古代石像が有名なマイアの都。
そこは彫刻に適した石材が豊富で、工芸と芸術の都としても知られていた。
若い彫刻家の見習いと知り合い、工房に職を見つけたふたりは家を借り、いっとき落ち着く。
都では大きな僧院と尼僧院が対立し、隣国から不穏な気配もただよい、やはりいつものように彼らはやっかいごとに巻きこまれていくが・・・・・・。



ales From Third Moonシリーズ長編です。
 物語の中の時期としては、ふたりが第三の月から極北の地に降りたって半年から一年後ぐらいで、ヴァルエールの森のエピソード『深緑の騎士』の後の話です。

theme : 自作小説(ファンタジー)
genre : 小説・文学

kindle新刊
Kindle発行中
Kindle発行中
Kindle発行中
Kindle発行中
Kindle発行中